静岡で仏壇や仏具を購入する際のポイント

カレンダー

2018年12月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリ

更新情報

静岡の仏壇や仏具の通販について

» もっと詳しく

静岡で仏壇や仏具を購入する際の費用

» もっと詳しく

静岡県の仏壇店市場状況

» もっと詳しく

静岡で人気の仏壇

静岡の特徴は、市内を中心に制作されている唐木仏壇として主に黒檀や紫檀などの輸入銘木で作られています。けれども、仏壇や仏具にケヤキや桑といった国産銘木も使用されることがあります。また、静岡では大衆に親しまれている中級品が主流として製作されている傾向にありますが、高級品の仏壇の製造も行われています。ちなみに、静岡は古くから鏡台や家具や塗り下駄の産地であり、昭和30年半ばから本格的に仏壇や仏具が製造されるようになりました。
そして、静岡で仏壇や仏具を購入する際の注意点として、静岡で飛躍的に成長を遂げてきた唐木仏壇は多くの材料や工法で作られていることを理解するのが大切です。なぜなら、作られている材料や作られる工法が異なることにより、仏壇や仏具の値段や価値に大きく違いが出ているからです。とはいえ、宗派による違いはありませんが、静岡での仏壇と仏具の購入を検討する際は家の仏間に収まるサイズの物を選ぶ必要があります。なので、細部に注意を払うより全体の雰囲気を見て、感じが良い仏壇を購入の候補として選ぶのがお勧めとなります。
また、仏壇や仏具は単に亡くなった家族の位牌を置く場所として購入するだけでなく、仏様を祀る神聖な場所を購入する目的もあります。よって、使用されている木の材質や彫刻を確認することが重要です。静岡で仏壇や仏具を購入する時のポイントは、全体の雰囲気として一番感じた物を選ぶことです。

仏壇のマナー

実家に住んでいた父が亡くなったので、葬儀をあげました。葬儀が終わった後に位牌を頂いたのですが、住んでいるアパートには位牌を置く仏壇がなかったです。弟に相談してみると、今は安くて小さい仏壇があるよと言うので、帰りに仏壇を売っている店に行ってみました。
静岡の専門店に入ると大きい仏壇が沢山ありましたが、どれも部屋に入れるのは無理そうに見えました。店内を見回りながら奥にいくと、小さいタイプの仏壇が並んでいました。その仏壇を見てみると、5割引き中と書かれた紙が貼られていたので、値段を見ると2万円でした。あまりにも安過ぎるため、どこか壊れている部分があるのかなと思いました。店員に質問してみた所、新品として展示していた物を決算セールで安くしていると教えてくれました。新品でこの価格は安いので、購入させて頂くことにしました。
仏具も必要と感じたので、線香を入れる器や花瓶なども購入しています。良い物を沢山買えたので満足しながらアパートに戻りました。あと、仏壇は小さかったので、ドアにぶつかることなく室内に入れることができました。隅に設置した仏壇の中に父の位牌と仏具を丁寧に入れると、お線香をあげたくなりました。なので、お線香を器に立てて火をつけ、仏具の棒で叩いて拝みました。

Copyright(C)2017 仏壇や仏具をお手頃価格で手に入れたいなら静岡が最適 All Rights Reserved.